TOP > シルク含有アパタイト被膜二酸化チタン(以下、トリニティーゼット(商品名))はどんなところに使われていますか?

シルク含有アパタイト被膜二酸化チタン(以下、トリニティーゼット(商品名))はどんなところに使われていますか?

トリニティーゼットには触媒機能が備っていて、他の材料との相性も良く、一緒に使った場合、材料の働きを促進させてくれます。なので、化粧品や健康食品などにも使われています。トリニティーを配合した化粧品は、従来品よりも働きがアップしたり、安全性が高まるなど、より高機能な化粧品に生まれ変わります。
農作物や水産業にも利用されています。病原菌に強く元気でおいしい農作物をつくるのにも役立っています。農薬との併用も可能で、農薬の使用量を減らすことができたり、安心安全で体にも健康にもいい付加価値の高い農作物を収穫できます。

昨今では環境汚染によって水産資源にも大きな影響が出てきています。漁獲量の減少やウイルス、有害物質の蓄積によって出荷できなくなる事態も起きています。海ブドウやカキの養殖業者さんにもトリニティーゼットは環境汚染対策として使用されています。海を汚さないばかりかウイルスの発生を抑える切り札として、今やトリニティーゼットは欠かせない存在になっています。

一覧へ戻る