デトックスハウス Detox house 環境浄化

scroll
TOP > 環境浄化とは

環境浄化とは?

人間も生態系の一部

環境浄化とは、「汚染された環境から汚染物を除去し、元の環境に戻す」という意味です。 産業の発展に際し、自然には起こりえないレベルで環境中に化学物質が蓄積されています。生態系を守るため 環境浄化を行う必要が出てきているのです。人間も、生態系の一部です。私たちは自分たちの利便性に富んだ生活と引き換えに、地球を消費してきたツケ を払わなければいけなくなってきました。

自らの生活に投資しながら、環境保全・浄化に貢献できる家

DetoxHouseには浄化作用があります。その源は、屋内全体に噴霧し、全館浄水器のセラミックに用いている 「シルク含有アパタイト被膜二酸化チタン」です。シルク含有アパタイト被膜二酸化チタンは、住宅を構成する建材に含まれ、水道水に残留する化学物質を、水と二酸化炭素に分解してしまいます。また、飲み水や料理を介して体内に取り入れたDetoxHouseの水は、現代の食事で蓄積した体内の化学物質を浄化します。家から流れ出るお風呂・トイレなどの、人間が出す有機的廃水にも、浄化作用が宿っています。 住宅から排出された後も、化学物質だけでなく有機物質をも自然界のバランスに基づいて浄化をし続けるのです。気に入った車の購入には高い金額を払っても、海や川の水をきれいにするための多大な個人的金銭的負担には誰しも抵抗があるでしょう。「Detox Houseに住む」ことは、自らの生活に投資しながらにして、環境保全・浄化に貢献することなのです。

Detox Houseの浄化作用
シルク含有アパタイト被膜二酸化チタン(商品名:トリニティーゼット)の効果

DetoxHouseで使用されるトリニティーゼットに、どこまでの浄化作用があるのか、厳正に検証実験が行われました。 トリニティーゼットは従来の科学技術では成しえなかった非常に優れた浄化作用があることが明らかになりました。

化学物質分解(一例)
アセトアルデヒド

トルエン

試験方法

分析はガスクロマトグラフ・液体イオンクロマトグラフを使用。
なお、試料ガスの初期濃度は適宜指針値の3~8倍としました。
吸着性に関しては紫外線(以下:UV)を照射せずに
時間経過 – 濃度の相関を記録。
分解性に関してはUVを照射し時間経過 – 濃度の相関を記録。

  • ●試験片・・・60mm×100mm×1mm鋼版に
    トリニティーゼットを両面塗布
  • ●測定環境・・・室温28度、湿度50RH%
  • ●サンプリング時間・・・各測定時10分間
  • ●空気捕集量・・・アルデヒド類・VOC類共に1L試験方法化学物質室内濃度指針値(厚生労働省)
参考:厚生労働省における室内濃度指針値
  • ●アセトアルデヒド・・・0.03ppm
  • ●トルエン・・・0.07ppm
実験結果
  • ●いずれの化学物質も暗所(UV照射無し)でガス濃度が経過時間とともに減少しました。
  • ●UVを照射した場合は5時間程でほぼ分解されることが実証されました。分析はガスクロマトグラフ・液体イオンクロマトグラフを使用。

トリニティーゼットによる浄化槽水の分解実験

天日に放置、5日後の浄化槽水

トリニティー加工をしたパーライトを廃水に投入し、日光を当てます。
通常パーライトは有機物の吸着しかしませんが、トリニティーゼットを吸着させると、日光を当てることにより、吸着した有機物を分解します。
数日間ほど放置すると、トリニティーゼットを投入した廃水は有機物を分解し、透明な色に変わっています!

日常生活を通じてトリニティーゼットが流れていくと……

廃水に浮かんだ有機物がトリニティーゼットの働きにより、きれいに分解されました!

トリニティーゼットの浄化作用は上記の通りです。 しかし、そこには、安心で安全な建築材と、優良な腕を持った家づくりのプロの存在が欠かせません。 その二者と、最新の科学技術の一者との三位一体の融合により、ほっと安心できる健康的な家づくりが成し遂げられるのです。