今の生態系で朽ちるモノに買い替える

2018/03/11

ブログ

【地球を守るために、家で出来ること】

エコロジー・シンプルライフ研究家・主婦で一級建築士の土肥です。

 

「地球を守る」と書くと、とても壮大で、自分にはどうしようもない、自分が何かしたくらいでは、どうにもならない、と思われるのが普通かと思います。でも、小さなことをしている方々がたくさん増えれば、それは力になります。定期的にグループで街のゴミ拾いをしているのも、そのわかりやすい例だと思います。

 

自分が心掛けている事の一つに「今持っているものを買い替える時は、昔ながら使われている素材にしよう!」ということです。

 

近々に買い替えたいな、と思っているのは「プラスチックの洗濯ばさみをステンレスの洗濯ばさみ」に買い替えることです。もちろん、プラスチック製が壊れるまで使った後ですが。

 

 

プラスチックは未だ分解できる微生物が地球上に存在しない物質です。進化の過程である日その微生物が発見され、海に浮遊するプラスチックを劇的に処理してくれるのかもしれませんが、それは何世紀先の話でしょうか。原子力のゴミ処理の話も同じ内容の問題だと思います。

 

 

なので「地球を守るために家で出来ること」の一つとして「きちんと今の生態系で朽ちるモノを大切に使う」だと考えています。少し高いですが、その分長持ちします。プラスチックは紫外線に弱く、ある日もろっと壊れますよね。しかし、分解されて土に帰ることは、今の地球上ではないのです。

 

そんな風に考えて、モノを買い替える時「土に帰るかどうか」で考えてみてはいかがですか?

一覧へ戻る